ビークレンズ 黒汁

ビークレンズ 黒汁

 

チャコールドリンクとして人気の高いビークレンズ

 

3種の活性炭と美容サポート成分を含んだドリンクです。

 

そんなビークレンズですが、類似チャコールドリンクに黒汁があります。

 

継続して使っていくので、どちらが良いのか気になってしまいます。

ビークレンズ 黒汁

ビークレンズと黒汁はどちらが良いのでしょうか?

 

気になったので調べてみました。

 

ビークレンズと黒汁はどちらが良い?

 

似ている二つのドリンクですが、若干成分に違いが見られました。

 

それぞれの違いは?

 

それぞれの成分の違いを見ていきましょう。

 

主成分について

ビークレンズ 黒汁

まずはそれぞれの主成分を見ていきましょう。

 

ビークレンズ 黒汁
活性炭(ヤシ殻活性炭、赤松炭、竹炭)+コンブチャ 活性炭(ヤシ殻活性炭、赤松炭、もみ殻炭末色素)

 

活性炭の部分は似ていますが、ビークレンズは主成分としてコンブチャが使われています。

 

コンブチャには酵素・酵母がたっぷり含まれているため、腸内フローラを整えてくれる効果が期待できます。

 

ビークレンズも黒汁も乳酸菌は同じように含まれていますが、スッキリ効果を考えた時には気にしたい点ですね。

 

黒汁の酵素は250種類となっているのに対し、ビークレンズは300種類と多くなっています。

 

その他の違い

ビークレンズ 黒汁

それぞれ燃焼サポートの成分が含まれていますが、ビークレンズは美容に関して違う角度からアプローチしています。

 

ビークレンズは植物由来の成分に加え、以下の美容成分を含んでいます。

 

・プラセンタ

 

・プロテオグリカン

 

・ヒアルロン酸

 

プロテオグリカンは【美肌スイッチ】とも呼ばれる成分で、様々な美肌作用が確認されている美容成分です。

 

主に肌細胞の増殖促進、コラーゲンの生成を促進などが挙げられます。

 

その他の成分も美容成分としては有名なものばかりですね。

 

微々たる違いですが、ビークレンズは7kcalに対して黒汁は11.4kcalでした。

 

調査のまとめ

ビークレンズ 黒汁

それぞれを比較したところ、腸内フローラへのアプローチの面からビークレンズの方が効果が期待できそうです。

 

また、黒汁にはない美肌成分もビークレンズに含まれているので、美容の面でもしっかりケアできることが分かりました。

 

お得に試せるので、気になる方はチェックしてみましょう。

 

>>>ビークレンズの詳細を見てみる

 

>>>ビークレンズの口コミはこちら